主婦が借金返済をする方法を大公開!!

主婦が借金返済をする方法を大公開

主婦が借金返済をする方法について

主婦の方が何らかの事情で借金を背負ってしまい、しかも家族や友人の助けが得られないような場合、その返済は容易ではありません。というのも当座の返済のためにローンを利用するにしても、通常のローン商品は給与所得者などを主な対象にしているため主婦には利用資格がない場合が多いからです。また、比較的審査のゆるやかなカードローンやキャッシングなどの無担保融資商品も、主婦が利用できる機会は限られています。

 

というのも貸金業法という法律の定めるところによれば、貸金業者が個人に貸付を行う場合は、その総額が当人の年収等の3分の1を超えてはならないとされているからです。これを一般に総量規制と言いますが、このルールに従えば収入がゼロの専業主婦は利用可能額もゼロということになります。

 

そうなると、主婦がカードローン・キャッシング等によって借金返済を行うための方法は次の2つということになります。すなわち1つは何らかのかたちで収入を得ること、そしてもう1つは収入要件不問で利用できるローンを探すことです。

 

まず第1の方法について言えば、これは必ずしも正社員として就職しなければならないということではありません。というのも現在カードローンやキャッシングを取り扱っている業者の大半においては、収入についてはそれが安定的なものであればパートやアルバイトによるものでもかまわないとしているからです。
したがってパートタイマーなどのかたちで仕事をはじめ、月々安定した収入を得るようになれば、利用資格は満たされることになります。ただし1〜2ヶ月程度の短期の勤務では安定的と見なされる可能性は低いので、ある程度長期にわたる勤務を行う必要があります。

 

第2の借金返済方法について言えば、実は専業主婦でも借りられるカードローン等を探すことはそれほど難しくはありません。というのも先に述べた総量規制の対象となるのは消費者金融会社などの貸金業者だけだからです。
したがって貸金業者以外のカードローン等取扱業者であれば、収入がない者でも利用するチャンスはあります。総量規制が適用されないカードローン等取扱業者、それはつまり銀行のことです。

 

実際、銀行取扱のカードローンの商品説明には、「専業主婦でも借り入れ可能」とか「利用額○○万円までなら収入証明不要」などと謳われているのがしばしば見受けられます。
ただし言うまでもないことですが、借金返済に充てるためにカードローン等を利用することは、新たな借金を背負うことを意味します。したがって利用にあたっては十分な計画と注意が必要です。

ホーム RSS購読